K様邸外壁改修工事ー笠木ー

K様邸外壁改修工事

笠木の塗装をしました。

今回は錆止め入りの塗料を使用しています。

ケレンをして、錆止め入り塗料を2回塗っていきます。

 

 

 

 

K様邸外壁改修工事ー外壁補修ー

K様邸外壁改修工事

今回は外壁補修です。

施工内容が前後してしまっていますが、

外壁塗装の前に外壁補修をしました。

クラックが入っている箇所をUカットをし、

Kモルで補修を行いました。

 

 

 

 

外壁補修 施工前
外壁補修 Kモル充填 (4)

K様邸外壁改修工事ー外壁上塗りー

K様邸外壁改修工事

今回は外壁の上塗りです。

お客様ご指定の色で、2回目の塗布をします。

これが上塗りという工程です。

塗り忘れやムラがないように、同じ材料の同じ色で2回の塗布をします。

上塗りが完了したら、外壁の塗装は施工完了です。

 

 

 

 

K様邸外壁改修工事ー外壁中塗りー

K様邸外壁改修工事

今回は外壁の中塗りです。

お客様ご指定の色で、1回目の塗布をします。

これが中塗りという工程です。

中塗りが完了したら、同じ材料でもう一度塗布していきます。

 

 

 

 

K様邸外壁改修工事ー外壁下塗りー

K様邸外壁改修工事

外壁の下塗りという工程です。

下地調整塗材を塗布していきます。

外壁塗装は、下塗り・中塗り・上塗りの3回の工程で行います。

今回行ったのは、最初の工程の下塗りです。

次にお客様の希望色の塗料を使って、中塗りをしていきます。

K様邸外壁改修工事ーシーリング工事ー

K様邸外壁改修工事です。

今日はシーリング工事です。

サッシ廻りやタイル目地は、古いシールを撤去します。

撤去後、接着剤の役割をするプライマーを塗布し、

新しいシールを充填していきます。

外壁目地は、新しくシールを充填していきます。

外壁目地シール 施工前
外壁シール 施工完了 (2)

K様邸外壁改修工事ー洗浄ー

K様邸外壁改修工事です。

今日は高圧洗浄です。

屋上やバルコニー、外壁など全体を洗浄していきます。

タイルは、まずは専用の薬品を使ってタイルの汚れを手洗いで落としていきます。

薬品洗浄が終わったら、高圧洗浄で綺麗に洗い流します。

タイル洗浄前
タイル薬品洗浄 完了 (8)

K様邸外壁改修工事ータイル工事ー

K様邸外壁改修工事です。

新しいタイルを貼りつけたところに、目地材を使って目地を埋めていきます。

目地を埋めたら、少し乾かします。

目地材が乾いてきたら、スポンジで余分な目地を洗い落とします。

余分な目地が落とせたら、タイルの張替の完了です。

タイルを貼る前に、剥がした箇所の下地調整を行っています。

タイル左官下地調整 (4)
タイル貼り付け完了 (4)

K様邸外壁改修工事ータイル工事ー

K様邸外壁改修工事です。

今回はタイルの張替です。

剥がしたタイル部分に、新しいタイルを張り付けていきます。

貼り付け材をタイルに塗りつけて、左右上下のバランスを見ながらタイルを貼ります。

タイルを貼ったら、ゴムハンマーで圧着してきます。

タイルを貼る前に、剥がした箇所の下地調整を行っています。

K様邸外壁改修工事ータイル工事ー

K様邸外壁改修工事です。

今回はタイルのはつりです。

打診検査で特定したタイルを、道具を使って剥がしていきます。

 

K様邸外壁改修工事ータイル工事ー

K様邸外壁改修工事です。

タイルの打診調査を行いました。

打診棒でタイルの浮きや割れてしまっている箇所など見ていき、タイルの張り替える場所を特定していきます。

K様邸外壁改修工事ー足場組立ー

K様邸外壁改修工事です。

今日は足場の組立です。

安全に気を付けながら作業して参ります。

 

鉄骨階段塗装工事ー上塗りー

鉄骨階段の塗装工事です。

今回は「上塗り」の作業です。

塗りムラなどがないように、中塗りと同じ塗料でもう一度塗布していきます。

上塗りが最終工程となり、これで施工完了となります。

 

鉄骨階段塗装工事ー中塗りー

鉄骨階段の塗装工事です。

今回は「中塗り」という工程になります。

仕上色で塗布する1回目を、中塗りと言います。

仕上色でまずは1回目の塗装をします。

中塗りが終わったら、最後にもう一度同じ材料で2回目の塗布を行います。

次は最終工程の「上塗り」をします。

 

鉄骨階段塗装工事ー錆止めー

鉄骨階段の塗装工事です。

今回は錆止めの塗布作業です。

鉄骨階段全体に、錆止めを塗布します。

錆止めの塗布が完了したら、次は仕上色で塗っていきます。

 

鉄骨階段塗装工事ー錆固定材ー

鉄骨階段の塗装工事です。

今回は「ラストフリーザー」という錆固定材を塗布していきます。

錆固定材は、サビがこれ以上広がらないように、サビの進行を止めてくれる塗料です。

サビが特に出ている部分に塗布していきます。

錆固定材を塗布してから、次にサビ止めを塗布します。

 

 

鉄骨階段塗装工事ーケレンー

鉄骨階段の塗装工事です。

下地処理である「ケレン」という作業をしました。

ヤスリや道具を使って、サビが出ている部分を削ったり、汚れを落としたりしていきます。

 

 

ビルの外壁改修工事(原状回復)上塗り

外壁改修工事、上塗り2回目の塗布です。

上塗り1回目と同じ材料で、2回目の塗布をしました。

これで塗装工事は施工完了となります。

 

ビルの外壁改修工事(原状回復)上塗り

外壁改修工事、上塗り1回目の塗布です。

今回現状回復工事ですので、周りの外壁の色と同じ色で塗布していきます。

次は最終工程の、2回目の上塗りの作業をいたします。

ビルの外壁改修工事(原状回復)

下塗りの2回目の塗布です。

1回目と同じように、マスチックローラーで模様を付けながら塗布していきます。

1回目と2回目の塗料は同じですが、2回目は少し色を付けて塗布します。

これは2回目の塗布の時、塗残しがないようにするためなのです。

また2回塗布することで厚みもつきます。

外壁を守るという役割では、厚みをつけた方がより良いですね!

ビルの外壁改修工事(原状回復)

ビルの外壁改修工事(原状回復)です。

今回はマスチックローラーで模様付けです。

マスチックローラーで塗る前に、シーラーを塗布していきます。

シーラーが乾いたら、マスチックローラー1回目の塗布です。

ローラーを使って模様をつけながら、壁全体に塗布していきます。

ビルの外壁改修工事(原状回復)左官工事

ビルの外壁改修工事(原状回復)です。

今回は今までの外壁を撤去後の左官工事です。

解体後の外壁は凸凹しているため、左官工事で凸凹をなくしていきます。

凸凹の状態で塗装をしてしまうと、仕上がりも凸凹してしまいます。

そうすると見た目も綺麗には仕上がりません。

そのために左官工事で凸凹を平らにしていきます。

ビルの外壁改修工事(原状回復)シーラー

ビルの外壁改修工事(原状回復)です。

まずは下地処理の工程、シーラーを塗布していきます。

シーラーは下塗りの塗料です。

シーラーは接着剤のような役割をしてくれます。

他にも塗装面の下地を補強したり、塗料の吸込みを抑えてくれる役割もあります。

T様邸 浴室内壁塗装!

T様邸の浴室内の壁を塗装しました。

施工前と施工後の写真を、比べて見てください。

 

S__17383427
S__17383430

K様邸ビル屋上及びバルコニー防水工事

K様邸ビルの屋上及びバルコニーの防水工事

最終工程のトップコート塗布を行いました。

遮熱の材料を使用しているため、助成金の申請をしています。

例え少しの金額でも、戻ってくるのは嬉しいですよね。

これで、K様邸ビルの屋上及びバルコニー防水工事は施工完了です!

01935440d7bcd5abfa1b2a50daf7fd42de2c09cbbc
013c4c130b68d469cd456abeeb6230da34e1b29910

K様邸ビル屋上及びバルコニー防水工事

K様ビルの防水工事、今回はウレタン防水材塗布です。

今回は2層目を塗っていきます。

2層目を塗る事で厚みを持たせることが出来ます。

次の工程は、最終工程のトップコート塗布です。

K様邸ビル屋上及びバルコニー防水工事

K様ビルの防水工事、今回はウレタン防水材塗布です。

まずは1層目を塗っていきます。

塗布後は、よく乾燥させます。

今回は1日以上乾燥させました。

寒い時期は乾くのに時間がかかるので、乾燥に必要な時間が長くなります。

よく乾燥させたら、次は2層目の塗布です!

 

K様邸ビル屋上及びバルコニー防水工事

K様ビルの防水工事、今回はプライマーです。

プライマーは、接着剤のような役割をしています。

下地とプライマーの後に塗布する防水材の密着性を高めるための工程です。

これで、下地処理が完了です!

 

K様邸ビル屋上及びバルコニー防水工事

K様ビルの下地処理の一つ、入隅コーキングを行いました。

屋上やバルコニーの防水工事では、入隅コーキングをオススメしています。

床面と立上り部分の隙間から雨水などが侵入してしまうことがあります。

放っておくと雨漏れにつながる可能性もあるのです。

そこでこの隙間をコーキングで埋めてあげることで、雨水などの侵入を防ぐ役割を担ってくれます。

 

K様邸ビル屋上及びバルコニー防水工事

K様ビルの下地処理をしました。

下地処理は、防水機能を維持するための重要な作業になります。

下地処理をしないまま防水材を塗布してしまうと、数年後には雨漏り・・・なんてことも起こってしまう可能性があります。

塗装や防水などは、この下地処理がとても重要なのです!